刑事手続きにおける差し押さえの考え方

刑事事件が起きた時にそれに関わる捜査のために必要な品物を差し押さえる申請が行われる事があります。差し押さえ手続きは、検察官や検察事務官や司法警察員が裁判官に捜査差押許可状の発付をすることにより申請されますと令状が発令されます。令状の内容とは、被告人もしくは被疑者の指名と罪状が書かれた用紙になります。それのみで被告人もしくは被疑者の品物を強制的に差し押さえる事が出来ます

宇宙03
。刑事事件に関係があるすべての品物が対象となりますので、複数の捜査員により差押え行為が行われます。その様子をテレビの報道番組などで目にした方は多いのではないでしょうか。あのような行為は、まさに捜査に必要な行為であると言えます。特に刑事手続きにおける差押えといいますと、刑事事件に関連した証拠物が対象です。任意ではなくて強制的執行が出来る権利として押収が行われています。それらは、今後の被告人もしくは被疑者に対しての証拠品となりえますので徹底的に調べ上げていきます。押収が行われている時点で、被疑者もしくは被告人が何らかの罪を犯しているという場合が大半であるとも言えます。なぜなら令状を申請して、わざわざ品物を押収するという行為が大々的に行われるからです。

コメントは受け付けていません。