不動産の差し押さえ手続き

宇宙01

債権を回収するための手段として差し押さえがありますが、この手段は債権回収をする上で非常に効果的な方法となってきます。

 
債務者から債権を回収する場合、たとえその債権が裁判所に認められたものであったとしても、債権者は一方的に債務者の財産を処分することはできません。仮に債務者の財産を勝手に処分してしまった場合、債権者側は窃盗の罪に問われてしまうことになります。

 
そのため、差し押さえでは裁判所に許可を得たうえで、裁判所が主導して債務者の財産を取り上げることになります。
債務者が度重なる督促にもかかわらず返済を行わない場合、債権者は裁判所に対して差し押さえの手続きをすることになりますが、その際に重要なのが債権者側に確実にその権利があるということを証明できる公的な書類が必要になります。裁判所による確かに債権者側に債権の請求権があるという判決書が最も効果的な書類となります。

 
また、取り上げる財産について債権者側が事前に情報を収集しておかなければなりません。具体的には債務者がどのような種類の財産を持っているのかを調べておく必要があるのです。この点については裁判所は一切タッチすることはありません。
取り上げる財産が不動産である場合、それを競売にかけてその売却益を持って債権の回収を図ることになります。

コメントは受け付けていません。