動産の差し押さえ手続き

企業や人が誰かにお金を貸して、それが返ってこない時は返済請求をします。宇宙02
もしくは商品やサービスの提供をしたのに、料金を払わない時も請求をします。

 
しかしそのお金を相手が払わなかった時は、通常の方法ではお金をもらえません。

 
そのような場合は裁判所を利用して、相手の資産の差し押さえをします。
差し押さえをする対象はいろいろありますが、現金や車などに対してすることがあります。
車や現金は動産と呼びますが、この差し押さえをする時は地方裁判所に行きます。
地方裁判所には執行官のいる部屋があるので、そこに行って書類の手続きをします。

 
そこで申立書などの書類を書いて、手続きの費用を支払えば終わります。
申立書が受理された場合は、執行官と一緒に相手の住んでいる家に行きます。
その時は相手がいそうな時間帯を狙って行くといいです。
実際に相手の家についた時に在宅していれば、そのまま差押えの手続ができます。
もしいない時は別の日になりますが、執行官が来たこと示す紙をポストに入れて帰ります。
問題になるのはこのタイプの権利を執行しても、殆どお金をもらえないことです。

 
例えば家庭にあるテレビなどには殆ど市場価値はないので、執行官と一緒に相手の家に行っても何も取れないことが多いです。

コメントは受け付けていません。