差し押さえにはどのようなものがあるのか

差し押さえができる財産には、不動産・動産・債権の3つがあり、不動産は土地や建物、動産は骨董品や貴金属、裏書のできる有価証券、債権は給与、預金、売掛金、賃料、裏書ができない有価証券が挙げられます。
差押えとは、相手から強制的に財産を取り上げ、債権の回収を行う手続きのことですが、裁判所の許可を得て財産を取り上げ、債権として回収します。
裁判手続きをして裁判所から支払督促などが相手に送られ、相手が支払いを拒否したときに相手の財産調査が行われます。調査が行われた上で差押えが実施されることになります。ふきのとう
給料や口座の差押えがよく見られ、中でも給料の差押えが効果的とされています。
口座の差押えは、一度に回収できる額が大きいメリットがありますが、口座の残高が少ないと予想されるときは、毎月継続して回収していくことになります。
給料は日々の生活を送るのに必要なものであることから、税金や社会保険料を控除した額の4分の1までが差押えが可能となっています。
一方、給料が月額33万円を超える場合には、33万円を超える部分を全額差押えすることができ、33万円の部分は手元に残ります。
養育費の未払いによる給料の差押えは、税金などを控除した額の2分の1までとされています。